GROUNDS 園内情報

ANIMALS 展示動物

ツキノワグマ

分類
食肉目(しょくにくもく)クマ科
英名
Asiatic black bear
学名
Selenarctos thibetanus
生息地
生息地
体長
140~200cm
体高
80~100cm
尾長
11cm
体重
50~200kg
特徴

体は黒くて胸の部分に三日月やV字の白い模様があります。体長は約1m60cm、体重は大人のオスで約130kg、大人のメスでは約80kgです。やや標高が高く、冬には葉を落とす広葉樹と、スギやヒノキなどの針葉樹が混ざって生えている地域に生息します。

木登りが上手で果物やハチの巣をとります。泳ぎもまた上手です。食べ物は果物、木の芽、昆虫、死肉などで雑食性です。エサの乏しくなる寒い冬の間は、木の洞や地面に穴を掘り冬眠します。冬眠中の2月頃にメスは出産をします。普通子供は2頭生まれ、子供の体重は約400gです。

つり橋の上にて

展示場所:日本ゾーン園内マップを見る

展示場所:日本ゾーン

▲ページのトップへ▲