blog スタッフブログ

食欲の秋

15.10.17

こんにちは!食欲の秋ですねぇ!
食欲の秋にちなんで、群馬サファリの動物達の「エサ」
について、シリーズで紹介していこうと思います。

『食欲の秋・エサシリーズ』第一回目は、動物たちの冷蔵庫について紹介します!

こちらは、冷蔵庫の入り口の写真です。
中はどうなっているかというと...

広さは5.3m×5.3m、高さも2.2mあって結構広々しています。
動物園には、たくさんの種類や頭数の動物がいるので、エサもいろいろな種類、
ものによっては一度に大量に納入する場合があります。
その時に対応できるよう、大きな冷蔵庫を準備しています。

冷蔵庫内の温度は一年中5度くらいに保たれています。
(*夏、冷蔵庫に入るとひんやり気持ちよく、真冬は逆に外気温より庫内の温度が高くなるため、ほんのり暖かく感じます!)

リンゴやバナナ、キャベツ、ニンジン、サツマイモ、パン、青草など様々な種類を管理しています。
ちなみに、左奥に積まれている緑のバケットには、全てリンゴが入っています。これでおよそ2t!

エサはこのように冷蔵庫で保管していますが、動物に与えるにはまたひと手間があります。
動物によって必要な餌の種類、量、切り方や調理法(ゆでる等)が異なるんです!

エサ切り担当の人が、事前に準備をするんですよ。

ということで、次回はエサ切り(野菜編)についてご紹介したいと思います。
お楽しみに❤

▲ページのトップへ▲