blog スタッフブログ

ちょっと間があきましたが、
第三弾
「動物園の冷凍庫」

について紹介します。

冷凍庫は以前ご紹介した冷蔵庫のお隣にあります。

大きさは縦5.3m、横5.3m、高さ2.2mと冷蔵庫と同じ大きさですが、とにかく寒いです。
庫内の温度は一年を通してだいたい『-20℃』で、夏でもずっと入っていられないくらいです。

入口は中の冷気が外に逃げないように、ビニールのすだれが垂れ下がっています。

中では主に馬肉、牛肉、鶏肉、鶏頭などのお肉類とワカサギ、食パンを凍らせて保存しています。
お肉はライオンやトラ、ウォーキングゾーンのユキヒョウやジャガーなど中型のネコ科などの
肉食動物にあげます。

冷凍庫は、食料を保存するほかに、あつ~い夏場になるとちょっと違った使い方もします。
あつ~い夏場、動物たちに少しでも涼しくなってもらうために、大きな氷を作ったりスイカを
凍らせたりしています。

ちょっと季節外れですが...

せっかくなので涼んでいる動物たちの様子を紹介します!

氷を枕にして涼んでいるユキヒョウのマイちゃん!

冷凍スイカを食べてご満悦のツキノワグマたち!

次回のエサシリーズでは、冷凍庫の中にあったお肉を動物にあげる準備
「エサ切りお肉編」をご紹介しまーす!

<ウォーキングサファリ 担当>

▲ページのトップへ▲