blog スタッフブログ

こんにちは!
ウォーキングサファリからご報告します。
4月5日にデグーの赤ちゃんが産まれました!

「んっ?デグーって何だ!」と思う方もいらっしゃると思うので説明します。
デグーという動物は、南アメリカのアンデス山脈に生息するネズミの仲間です。
大きさはモルモットとハムスターの中間くらいで、立派な前歯を持っていて何でもガジガジかじります!

こちら大人のデグーです(すこし見にくくてすみません)

そしてこちらがお待ちかねの赤ちゃんたちです!

通常1回の出産で4~6頭の赤ちゃんを産むのですが、今回はなんと8頭も産まれました!
そして、デグーの特徴は早成性といって、赤ちゃんは毛がはえそろい目が開いた、成長した段階で生まれてきます。

このようにすでに目ぱっちり!

まだ巣の中にこもっていることが多いですが、最近は時々巣から出てきて探検を始める子も見かけるようになりました!
赤ちゃんの可愛い姿を是非探してみてください!

(ウォーキングサファリ 担当)

▲ページのトップへ▲