blog スタッフブログ

1997年(平成9年)8月5日上信電鉄のラッピング車両第1号として
シマ模様に動物たちがプリントされたサファリ列車が誕生し、高崎⇔下仁田間を1日6往復運行していました。
この列車は1968年製造で西武鉄道から1994年に上信電鉄に移り現在に至りますが、
車両の老朽化のため9月23日に引退しました。

引退する「クモハ153・154」最後の雄姿!!
この車両は関東ではほとんど残っていない貴重な車両で、鉄道ファンからも惜しまれています。

新ラッピング作業中のクハ753とクモハ703

新旧ならんで 「バトンタッチ!!」

そして、サファリ列車ならではのシマ模様と動物たちが受け継がれた列車「クモハ703・クハ753」
9月11日より高崎⇔下仁田間を毎日運行しています。

営業 吉澤でした。

▲ページのトップへ▲