topics トピックス

3月20日、当園の一番の桜の見どころ、売店横の『ソメイヨシノ』が開花しました!
桜の開花に合わせて、第一駐車場付近の桜の木のライトアップを開始しました。
当園の桜の魅力を知っていただくために、皆さまに無料開放いたします。

3/24の様子

期間:3月20日~4月上旬(桜が散り終わるまで毎日)
時間:夕方17:30~19:30

この機会に是非ご利用ください。

当園では、ご来園のお客様に安心・安全に楽しんでいただくため、以下のような対策を実施しております。

  *各施設入口にアルコール消毒薬を設置しております。入室の際にご利用ください。   

   *レストラン・売店・園内周遊バス等、お客様がご利用されます各施設を定期的に

   アルコール消毒しています。   

  *予防対策のため、スタッフがマスクを着用している場合がございます。ご理解、
   ご協力をお願い致します。
 
 
thunder3/9追加情報
  *レストラン “サバンナ” 平日の営業時間短縮のお知らせ
   11:00~(ラストオーダー)14:00
 
 
  *獣舎見学会:バックヤードツアー(ウォーキングサファリゾーン土日祝限定)
   当面の間中止します
 
thunder3/30追加情報
  *もぐもぐタイム(ウォーキングサファリゾーン)
    当面の間中止します
 
 
 
 
 
  尚、イベントホールでのイベント開催は当面中止します。
  また、当面休園の予定はありませんが、休園する場合はホームページやSNS等でお知らせいたします。

これまで『ウォーキングサファリゾーン』で実施していた、『ウサギのふれあい』は、3月20日(金)より、『リトルファーム』(遊園地内観覧車下)に移転しました。

 

 

群馬サファリパーク公認キャラクターの「ライオンキッズ」は、ダンデライオンアニメーションスタジオのオリジナルコンテンツです。主人公は、好奇心が旺盛で周りのみんなに「元気」を与えてくれる男の子のライオン。

「ライオンキッズ」は、子ども達に「個性の尊重」「助け合う心」「相手を思いやる気持ち」「チャレンジする勇気」を育むことを、世界観・作品コンセプトの中心としております。

今後は、絵本やアニメ、色々な商品がリリース予定です。

© Dandelion Animation Studio

アジアゾーンでマレーバクの展示を、2015年12月17日より始めました。
名前はヒカル、4歳のオス(2017年現在6歳)で、現在体重が約320㎏、体長180㎝くらいです。
静岡県の日本平動物園より11月24日に当園にやってきました。
白と黒のツートーンカラーが特徴的な草食動物です。

追記:2017年5月に北海道の円山動物園からヒカルのお嫁さんのワカバがやってきました。
   詳しくはこちらをご覧ください。

さらに追記:そして2018年8月ついに赤ちゃんが生まれました。詳しくはこちらをご覧ください。
      さらにこちら

※お知らせ:2018年8月に生れましたマレーバクのヒナタですが、残念ながら2019年6月3日に亡くなってしまいました。
死因は現在調査中です。

夢を食べる動物といわれるバクですが、これは昔から中国で夢を食べる想像上の動物が
「獏(ばく)」とよばれていて、それに似ているためバクと呼ばれるようになったという
説があります。

また、タイではお釈迦様がバクの背中に乗った跡が白くなったといわれています。

※寒さにはあまり強くありませんので、極寒時は展示を中止することがあります。

マレーバク

奇蹄目 バク科(絶滅危惧種)

分布 ミャンマーからマレー半島、スマトラ諸島の森林地帯の河川や沼地の周辺に生息
体長:180~250㎝ 体高90~105㎝ 体重:250~540㎏
特徴 草食動物で主に木の実や果実などを食べます。胴体中央部が白く、頭部から肩と四肢は黒い。
    幼時(約6か月未満)は黒い体に白い縦縞模様があります。
    親子以外は基本的に単独行動をとります。排泄は自分の臭いを消すため水中で行います。
    泳ぐのは得意で、外敵から身を守るために水中に逃げることがあります。

1 ~ 5 / 6 次へ »

▲ページのトップへ▲