topics トピックス

アジアゾーンでマレーバクの展示を、2015年12月17日より始めました。
名前はヒカル、4歳のオスで、現在体重が約320㎏、体長180㎝くらいです。
静岡県の日本平動物園より11月24日に当園にやってきました。
白と黒のツートーンカラーが特徴的な草食動物です。

夢を食べる動物といわれるバクですが、これは昔から中国で夢を食べる想像上の動物が
「獏(ばく)」とよばれていて、それに似ているためバクと呼ばれるようになったという
説があります。

また、タイではお釈迦様がバクの背中に乗った跡が白くなったといわれています。

※寒さにはあまり強くありませんので、極寒時は展示を中止することがあります。

マレーバク

奇蹄目 バク科(絶滅危惧種)

分布 ミャンマーからマレー半島、スマトラ諸島の森林地帯の河川や沼地の周辺に生息
体長:180~250㎝ 体高90~105㎝ 体重:250~540㎏
特徴 草食動物で主に木の実や果実などを食べます。胴体中央部が白く、頭部から肩と四肢は黒い。
    幼時(約6か月未満)は黒い体に白い縦縞模様があります。
    親子以外は基本的に単独行動をとります。排泄は自分の臭いを消すため水中で行います。
    泳ぐのは得意で、外敵から身を守るために水中に逃げることがあります。

▲ページのトップへ▲