重要なお知らせ
5/25(月)~一部バス・売店・ファーストフードSTART! 今だけのフォトスポットも! 詳細は「最新情報」でご確認下さい。

シロエリオオヅル

Indian Sarus Crane

  • シロエリオオヅル

  • シロエリオオヅル

ABOUT

名前 シロエリオオヅル(ツル目ツル科)
英名 Indian Sarus Crane
学名 Grus antigone antigone
分布 インドから東南アジア
食性 動物食傾向の強い雑食性
形態 全長140~156cmで、ツル科の中で最大種である。全身は淡灰色で被われる。頭から首にかけては羽毛がなく、赤い皮膚が露出する。
習性 湿地や草地・畑など開けた土地に生息し、ペアまたは家族で生活する。湿原でヨシ(イネ科の植物)などを積み上げた塚状の巣を作り、通常2個の卵を産む。おもにメスが抱卵し、ヒナの世話はオス、メスともに行う。抱卵期間は、31~36日。寿命は、40~50年。

生息地

シロエリオオヅル

動画

群馬サファリパーク公式アカウント

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Tiktok
  • Youtubeチャンネル

ページトップへ

WEB限定割引チケット
WEB限定
お得な割引チケット