blog スタッフブログ

こんにちは ^ ^
今回は春先に生まれたエランドの子供達をご紹介したいと思います!!

エランドはアフリカゾーンにいる動物達の中では、
比較的弱い立場の動物なんです。
赤ちゃんの頃から他の動物達と一緒に出していると、
他の大きな動物から攻撃を受けたときに、逃げられずにけがをしてしまう危険もあります。

そのため、生まれてから2~3ヵ月間は獣舎の中で飼育し、
体がしっかりしてきた頃合いを見計らってアフリカゾーンの群れの中に出します。

今回の子供たちは9月からアフリカゾーンに出しています。
大人になると、角がスクリューみたいにねじれます。

角がこんな感じでねじれます(^^)/

今後も元気に成長して立派な大人になってもらいたいです!
ご来園の際は、角のまだ小さなこの子たちを探してみてくださいね!

<アフリカゾーン 担当>

▲ページのトップへ▲