blog スタッフブログ

こんにちは。アジアゾーン担当の山津です。
夜になると、いつの間にか虫の音が聞こえる季節になりましたね( ˘ω˘ )
今回紹介するのは、二ホンジカの角の脱皮?についてです。

季節が秋にかわってくると、シカの袋角の表面の皮がむけて、
立派になった白い角が見られるようになってきました。

※※※シカの角は毎年生えかわります。※※※
春に自然と角が落ちると同時に、新しい角が枝分かれしながら日々成長します。
この伸びている途中の角は、黒い皮を被った袋角と呼ばれます。
夏の終わりには袋角の成長も止まり、秋になると表面の黒い皮がはがれ、白い立派な角になります(^^)/

春:角が自然に落ちます(落角)

落角後、すぐに新しい角が伸びてきて、枝分かれしながら日々成長します。

角の付け根はまだ皮が残っていますね(゜o゜)

まだまだ、袋角の個体が多いですが、角の脱皮?が見られるのは今だけです!
是非、そんなシカ達の不思議な瞬間を見に来てくださーい!!

▲ページのトップへ▲