blog スタッフブログ

ウォーキングサファリゾーンには、
現在ヨシダくん・マイちゃんという2頭のユキヒョウが暮らしています。
2頭のユキヒョウの日中は、ほとんどを寝て過ごしていることがおおいようですが、
今回は動物が最も活動的になる、ごはんの時間を紹介していきます。

まずはごはんの内容。
ユキヒョウは肉食動物ですので、もちろん馬肉です。
今日は赤身の多いお肉。
写真の馬肉以外にもいろいろなお肉を準備して、日替わりや動物ごとにわけてあげています。

実はヨシダくん、かなりの御高齢。今年で21歳になります。
なので、ヨシダくんのお肉は脂肪分が少なく、消化に優しい赤身を使用。
鶏肉の日だって、皮をとってあげているんです。

食べ方も、若い動物と比べてゆっくりと味わって食べるヨシダくん。
食べるのが早い子だと、お肉をわずか5分ほどで食べ終えてしまいますが、
ヨシダくんは10分以上かけて食べています。
ウォーキングサファリゾーンにいるネコ科の子たちは、お肉をほとんど2.3回噛んで丸呑みで食べているのに対し、
ヨシダくんは何度も何度も噛みながら呑み込んでいきます。

ちなみに、お肉だけでは野生生活でとれる、様々な栄養が十分にとれませんので、
お肉の上に人間で言うサプリメントのような栄養剤をかけて、補っているんですよ。

ヨシダくんは展示場に出ていると、いつも隣の部屋のマイちゃんに熱い視線を送っています。
みなさんも、ウォーキングサファリゾーンへお越しの際は、ヨシダくんや他の動物たちの視線の先に
何があるのか、調べてみると少し、動物の考えていることがわかるかもしれませんね!

では、動画もご覧下さい。

( ウォーキング担当 )

▲ページのトップへ▲