重要なお知らせ
待望のマレーバクの赤ちゃん生まれました!お母さんのワカバと新展示場デビュー!! 新パスポート発売!「その人パス」と「誰でもパス」の2つ!!Go Toトラベル(地域共通クーポン)も利用できます。 

ニッポンツキノワグマ

Japanese black bear

  • ニッポンツキノワグマ

  • ニッポンツキノワグマ

  • ニッポンツキノワグマ

  • ニッポンツキノワグマ

  • ニッポンツキノワグマ

  • ニッポンツキノワグマ
  • ニッポンツキノワグマ
  • ニッポンツキノワグマ
  • ニッポンツキノワグマ
  • ニッポンツキノワグマ

ABOUT

名前 ニッポンツキノワグマ(食肉目クマ科)
英名 Japanese black bear
学名 Ursus thibetanus japonicus
分布 日本(本州)
食性 雑食性 木の芽、果物、昆虫、肉
形態 ツキノワグマはヒマラヤグマの亜種で、そのうち日本に生息するものをニッポンツキノワグマと呼ぶ。体長は140~200cm。体重は50~200kgであるが、日本の個体は大陸の個体より小型である。毛色は黒色で、胸に白いV字の紋がある。
習性 本州の温帯林に生息する。食べ物の多くは木の実や果物などの植物質のもので、昆虫も良く食べる雑食性である。単独性。冬眠前は良く食べ、最も少ない夏と比べて数10kgも体重が増加する。冬眠中の2月頃にメスは出産をする。普通子供は2頭生まれ、子供の体重は約400g程である。

生息地

ニッポンツキノワグマ

動画

群馬サファリパーク公式アカウント

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Tiktok
  • Youtubeチャンネル

ページトップへ

WEB限定割引チケット 園内周遊バス予約チケット
WEB限定
お得な割引チケット
園内周遊バス
予約チケット