重要なお知らせ
★この夏は赤ちゃんいっぱい・ふれあいいっぱい 真夏の大冒険群馬サファリパークにぜひお越しください。赤ちゃん情報は当園のX(旧Twitter)当園ホームページでご確認ください。                                                                 ★7月・8月の夕暮れサファリ・ナイトサファリの開催日は、7/13・14・15・20・21・27・28日 8/3・4・10・11・12・13・14・15・17・18・24・25日です。ぜひお越しください。                                                                                                                                       

最新情報

2024年05月06日

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

おかげさまで45周年

おかげさまで45周年

 

2024年5月1日は当園の45回目の誕生日です。

群馬サファリパークは1979年(昭和54年)5月1日、東日本初(国内では5番目)の本格的サファリパークとして誕生しました。

その後、群馬県教育委員会指定の博物館相当施設として、延べ約2,000万人の方々をお迎えしながら、野生動物の生態系の保全、環境教育の場の提供に尽くし、地元諸団体との連携も強化しながら運営してまいりました。

地域連携の代表的な例としては、1982年(昭和57年)より、「群馬サファリ富岡マラソン大会(富岡市主催)」の特別協賛を行ってまいりました。

このたび、45周年を迎えることができたのは、ご来園いただいた皆さま並びに地元富岡市、甘楽町そして佐久市といった近隣各市町村の皆さまに支えられてのことでもあり、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

45年を振り返りますと、野生動物の生態系の保全としては、アフリカゾウの繁殖や絶滅が危惧されるオオカミの繁殖と展示を目的とした「オオカミの森・オオカミ繁殖センター」の設置、口蹄疫により絶滅の危機に瀕する状況であったアフリカ水牛の南アフリカへの無償供与といった、様々な活動を行ってまいりました。

その活動の結果として、当園が所属する公益社団法人日本動物園水族館協会より6回の繁殖賞を受賞しています。

環境教育の場としては、ナイトサファリや夕暮れサファリ、ふれあいパーク、エサやり体験、獣舎見学といった、一般の動物園とは異なる体験価値の提供を行っており、昨年度(2023年度)は、318組約20,000人の学校・幼稚園団体様にご来園いただいています。

また、1988年(昭和63年)には、公益財団法人佐藤交通遺児福祉基金(前橋市)に寄附をするために群馬県を訪れた世界的大スターマイケルジャクソンさんが来園しています。

 

 

一方、2020年からのコロナ禍においては、開園以来の危機に直面し、園の運営存続が危ぶまれる状況となりました。

現在も、ご来園者数は、コロナ前の水準に戻ってはおりません。

結果として、飼育動物を生育に適した環境を維持することが困難になりつつありますが、コロナ以降、2度にわたりクラウドファンディングを実施させていただき、大きな支援をいただいています。

具体的には、マレーバク舎の新設(先月、可愛い赤ちゃんが誕生しました)や飼育施設の補修・改修、動物たちの餌の確保に活用させていただきました。

今後につきましては、お身体の不自由なお客様もエサやり体験をお楽しみいただけるリフト付きバスの導入を予定しています。

わたくしたちは、次の50周年、100周年を見据え、より良い飼育環境の維持、動物たちと皆さまの通訳者として役割を果たし、ご来園されるお客様が貴重な体験を得られる施設運営に努めてまいります。

今後とも群馬サファリパークへのご支援、よろしくお願いいたします。

群馬サファリパーク 園長 北村昭二

動物・スタッフ一同

 

一覧へ戻る

群馬サファリパーク公式アカウント

  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • Youtubeチャンネル
  • LINE

ページトップへ

アソビュー
WEB限定チケット
スマホで簡単予約
前売り割引チケットはこちら
アソビュー
WEB限定チケット
スマホで簡単予約
前売り割引チケットはこちら
Language